2020年4月19日

2020年4月19日『週刊山下』新設!申告期限等の延長について


こんばんは。税理士の山下でございます。

先日新型コロナウイルス感染症への対策集として、トップページに『新型コロナウイルス感染症に対する中小企業の対策措置集』を掲載致しました。

しかしながら、最新情報は毎日のように更新されておりますので、こちらの『週刊山下』のページでも新型コロナウイルス感染症に関する情報や、税制改正の最新情報などを定期的に掲載して参ります。


4月19日(日)21:00現在、新たな情報として以下にまとめます。

国税庁HPからの情報

国税庁では、『国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ』が公表されております。

①これから納期限を迎える法人で、新型コロナウイルス感染症の影響が出た場合、申告期限等の個別延長が認められるようになりました。

②法人の役員及び従業員などに新型コロナウイルス感染者が出た場合などはもちろん、体調不良のため欠勤している者がいる、平日の在宅勤務を要請している自治体に住んでいる者がいる、取引先等に感染症の影響が生じているなどの要因により、通常の業務体制が維持できない、業務活動を縮小せざるを得ないような状況であれば、個別延長が認められるようです。

延長期間は、新型コロナウイルス感染症の影響により、申告・納付ができないやむを得ない理由がやんだ日から2か月以内の日を指定し、とありますので、通常通り業務ができるようになった日から2か月以内に申告・納付を済ませると読み替えて良いものと考えます。

大分でも在宅勤務をされている会社様が増加しておりますが、上記に該当するような場合は決して無理をなされず、柔軟に対応していければ良いのではないかと考えます。

これから大型連休が来ますが、連休明け5月は3月決算法人の申告が迫っております。我々税理士も非常に忙しい時期となりますが、体調管理にはこれまで以上に留意して参りたいと考えております。

また、極力申告期限通りに決算申告の処理ができるよう、お客様をサポートし、様々な情報を提供しながら、我々も全力で業務に取り組んで参ります。